2017年03月29日

牧田弥子(Hiroko) ピアノリサイタルのご案内

3月も残り僅か、雪もだいぶ融けてきて春間近の白馬村です。アルプスの山肌には雪形がうっすらと見え始めました。桜はまだ固く蕾を閉じていますが
1か月後には美しい花を開花してくれることでしょう。

春とともに、アンプロムプテュ白馬ではサロンコンサートを開始します。

来たる4月23日に当館サロンにて東京在住のピアニスト牧田弥子(Hiroko)さんのピアノソロリサイタルが開催されます。

DSC_0232.JPG

牧田弥子(ひろこ)さんは、武蔵野音大ピアノ科大学院を卒業後、パリ・エコールノルマルに留学され現在東京在住のピアニストです。
5月には東京・白寿ホールにてリサイタルが予定されており、それに先駆けた白馬公演となります。

プログラムは、スペインの作曲家グラナドスの作品を中心に、フランスの作曲家フォーレやラモーの名曲が並びます。
桜咲く早春の白馬の日曜日のひとときを、美しいピアノ音楽とともにお過ごしください。

11時14時の2回公演、各回30名様限定です。
ご予約はお気軽に、お電話でお問合せください。お待ちしております。
0261-85-4760(アンプロムプテュ白馬)080-3663-3690(山口)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「牧田弥子ピアノリサイタル」
4月23日(日)11時 14時 2回公演 各回30名様限定
・会場 ピアニストの隠れ家 アンプロムプテュ白馬 サロン (白馬村瑞穂)
・演奏 牧田弥子(Hiroko)
・入場料 大人1000円 小中学生500円

・プログラム 
11時の部
♪ラモー クラヴサン曲集より、「ロンド形式のミュゼット」「タンブラン」「村娘」
♪フォーレ 即興曲第3番作品34 & 主題と変奏 作品73
♪グラナドス ゴイェスカス〜恋するマホたち〜より

14時の部
♪グラナドス ゴイェスカス〜恋するマホたち〜(全曲)

・チケット お電話にてお早めにご予約ください。 0261-85-4760 080-3663-3690(山口)

演奏者経歴
・牧田弥子(ひろこ)
東京都立芸術高校音楽科を経て、武蔵野音楽大学ピアノ科卒業、同大学院修了。フランスのパリ・エコールノルマル音楽院へ留学し、ピアノコンサーティストディプロム、室内楽高等ディプロムを取得するとともに、パリ郊外のリュエイユ・マルメゾン地方コンセルヴァトワールにてピアノ伴奏科ディプロム取得。エクサンプロヴァンスでのナショナルピアノコンクール1位、第20回チッタ・ディ・パルレッタ国際コンクール室内楽部門1位。フランス留学中、パリや郊外でのコンサートに出演。帰国後は津田ホール、白寿ホールにてソロリサイタルを開催。ピアノを坂井玲子、エリック・ベルショ、ブルーノ・リグット、伴奏法をアンジェリーヌ・ポンドゥベイル。室内楽をマリー・ピエール・ソマの各氏に師事、現在武蔵野音楽大学付属音楽教室・ブレスト音楽教室講師。
posted by ピアニストの隠れ家オーナー at 16:43| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月25日

蜂谷葉子 大岡真紀子 「ピアノデュオの魅力 in 白馬 vol.4」 のご案内

10月も残り僅か。今朝は霜で真っ白な白馬村です。先日は白馬岳が初冠雪、紅葉も山麓に下りてきました。皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、来たる11月12日(土)、13日(日)にアンプロムプテュ白馬サロンにて開催されます2台ピアノのコンサート「ピアノデュオの魅力 in 白馬 vol.4 」のご案内をさせていただきます。

DSC_0229.JPG

演奏は関西在住のピアニスト、蜂谷葉子さん・大岡真紀子さんです。
お二人はコンビを組まれて、ピアノデュオの演奏を10年近く続けられています。
詳細はプロフィールをご覧ください。

2013年秋より当館サロンで毎年演奏され、大好評をいただいております。今回が「in 白馬 vol.4」となります。
昨年大好評でしたラフマニノフ・ガーシュインに続いて、今年はオール ブラームス プログラムです。名曲をサロンで間近にご堪能いただけます。
お席に限りがございますので(各回30名様限定)チケットはお早めにお電話にてご予約ください。
0261-85-4760(アンプロムプテュ白馬)  080-3663-3690(山口)山口携帯宛お問合せいただければ幸いです。

「ピアノデュオの魅力 in 白馬 vol.4 」
・11月12日(土)19時、13日(日)11時の2回公演
・各回30名様限定(要予約)
・入場料 大人1000円 小中学生500円(小学生以上入場可)
・会場 ピアニストの隠れ家「アンプロムプテュ白馬」サロン(白馬村瑞穂)
・プログラム オール ブラームス プログラム
♪大学祝典序曲 作品80
♪ハイドンの主題による変奏曲 作品56b (聖アントニウスのコラールによる変奏曲)
♪ハンガリー舞曲集より
♪2台のピアノのためのソナタ ヘ短調作品34bより第3、第4楽章 他

・お問い合わせ 0261-85-4760(アンプロムプテュ白馬)  080-3663-3690(山口)携帯宛てお電話ください

蜂谷葉子・大岡真紀子デュオ・プロフィール
京都市立芸術大学卒業。その後それぞれ、フランス、アメリカなどで研鑽を積みながら、ソロリサイタルの他、オーケストラ、器楽、声楽とのアンサンブルなど、様々な形で演奏活動を展開。2003年よりデュオ活動を開始。四手ならではの”ピアノが表現し得る新たな音の世界” を探求すべく、四手オリジナル作品に加え、オーケストラ作品の編曲ものや様々なジャンルの曲を手がけ、、これまでに公演数は40回を超える。大阪市内における「ふたりのピアノ」シリーズでは、連弾の名曲のみならず、演奏される事の少ない曲や実験的試みともいえる四手作品を取り入れながらのバラエティーに富んだプログラムで、2003年より公演を継続中。また「ピアノデュオ・コンサートシリーズ」でも大阪・東京にて公演を重ねている。さらにリサイタルとして「ピアノデュオの魅力」と銘打ち、2006年から2012年にかけて”色彩とリズムの対話”、 ”ブラームスとドビュッシー〜対極の響き〜”、”ブラームスはお好き?”、”遥かなるイベリア”、 ”20世紀の薫り・エスプリとロマン”、 ”「白と黒で」織りなすファンタジー”と題して京都の青山音楽記念館、兵庫県立芸術文化センター神戸女学院小ホールにて開催。コンセプトのあるプログラムも含め、好評を博す。またこのシリーズの番外編として、2人のソロによる「モンポウ“歌と踊り”」全曲演奏会を2012年5月に、続いて2014年5月に本編Vol.7の姉妹版でもある番外編Vol.2 ”もう一つの顔〜ラヴェルの作品とその周辺〜”を開催。2013年より「ピアノデュオの魅力in白馬」を開催。ライヴ感溢れるコンサート作りを目指す2人のデュオは、常に現在進行形。

皆様のお問い合わせをお待ちしております。山口携帯宛てにお電話いただけると幸いです。

アンプロムプテュ白馬オーナー
山口郁夫

posted by ピアニストの隠れ家オーナー at 19:22| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月09日

「デュオの喜び vol.5」杉山とみえ 牧田照美、ピアノデュオコンサートのご案内

10月になり、山の上では紅葉がはじまり秋の気配が深まってきた白馬村です。
オーナー山口の健康も回復し、この夏は、練習・合宿・マスタークラス等、内外からたくさんのお客様にお越しいただきました。ご利用いただきました皆様、ありがとうございました。

さて、今日は来たる10月23日に当館にて開催される演奏会「デュオの喜び vol. 5」のご案内をさせていただきます。

演奏は、東京在住のピアニスト、東京音大講師の杉山とみえさんと 武蔵野音大で長年講師をつとめられた牧田照美さんです。お二人は白馬で5回目のデュオ演奏で、今まで「ピアノ協奏曲の第2楽章」ばかりを集めた2台ピアノ演奏や、「日本のなつかしいうた」を集めた連弾演奏等で、白馬のお客様を魅了されてきました。

詳細は、以下をご覧ください。
深まりゆく秋の白馬の日曜日をピアノ音楽とともにゆったりとすごされてはいかがでしょうか。11時14時の2回公演、各回30名様限定です。
ご予約はお気軽に、お電話でお問合せください。お待ちしております。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「デュオの喜び vol.5」
10月23日(日)11時 14時 2回公演 各回30名様限定
・会場 ピアニストの隠れ家 アンプロムプテュ白馬 サロン (白馬村瑞穂)
・演奏 杉山とみえ 牧田照美
・入場料 大人1000円 小中学生500円
・プログラム 
♪モーツアルト ピアノ協奏曲第24番 K.491 ハ短調 第2楽章
♪ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番 Op.18 ハ短調 第2楽章
♪モーツァルト アイネ・クライネ・ナッハトムジーク K.525 ト長調
♪クライスラー 愛の喜び 愛の悲しみ 美しきロスマリン

・チケット お電話にてお早めにご予約ください。 0261-85-4760(アンプロムプテュ白馬) 080-3663-3690(山口)

演奏者経歴
・杉山とみえ
桐朋学園大学音楽学部ピアノ科卒業。ドイツ国立フランクフルト音楽大学ピアノソロ科卒業。帰国後、横浜でリサイタルを開催。横浜交響楽団定期演奏会に、ソリストとして度々出演。バッハアカデミージャパンの伴奏者ほか、室内楽演奏会等にも数多く出演。1982年から2013年まで、東京で「ドイツの森」「コンツェルト・マイン」を開催し、ソロ、デュオで演奏を続ける。ピアノを現在までヨアヒム・フォルクマン教授に師事。現在、東京音楽大学ピアノ科講師。

・牧田照美
都立駒場高校音楽科を経て、東京藝術大学ピアノ科卒業。その間、坂井玲子、松野景一の各氏に師事。在学中安宅賞受賞。大学卒業後、ドイツ・エッセンフォルクヴァング国立音楽大学に留学。同校卒業後、東京にてリサイタルを開催。クラウス・ヘルヴィッヒ、ペーター・ショイモッシュの各氏に師事。その後室内楽等などの演奏会に多々出演し活躍。30数年にわたり武蔵野音楽大学にて講師を務めた。現在も後進の指導にあたっている。


posted by ピアニストの隠れ家オーナー at 09:31| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする