2012年03月15日

ピアノの音色の不思議

今朝はまた一面の銀世界、そして午後にはすっかり融けて春模様、、春と冬の景色がめまぐるしく変わる白馬村です。

さっきミケランジェリ演奏のドビュッシー前奏曲のCDを聴いていました。
「紡ぎ出された音」のすべてが見事にコントロールされていて聴くたびに感動します。
特に多彩な音色の変化には魔法にかかったような錯覚さえ覚えます。

「ピアノの魅力」あるいは「ピアノの謎」のひとつに「音色の変化」があります。
複数のピアニストが演奏するコンサートや、たくさんの生徒さんが演奏するピアノの発表会等で、同じピアノからまったく違う音が聞こえてくる、、という経験をお持ちの方も多いかと思います。
どんなピアノでもそのピアノ固有の音色を持っていますが、演奏者によってさらにいろいろな音が引き出されてくるのはとても不思議です。
もちろん演奏者が創りあげる音楽全体から感じる音色の違いもあるかもしれませんが、奏法によって音色そのものを多彩にコントロールして音楽に様々な表情を与えているのは確かだと思います。
「ピアノをきれいに鳴らす、、美しく響かせる」という表現もよく聞きます。

演奏者がピアノへ演奏情報をインプットできる手段は鍵盤を弾くという行為だけです。
(今、ペダル機能には触れずにおきます)
深さ10mmの鍵盤をどう弾くか、、、そこにすべてを懸けて演奏するわけです。
強く(速く)弾けば大きな音、弱く(遅く)弾けば小さな音、鍵盤を放すと音が止まる、、このレベルなら単純に理解できるのですが、現実はもっと複雑で、ピアニストの方々は鍵盤の10mmのストロークを様々な手法で弾くことによって音色にも変化をつけているのです。

DSC_0229.JPG
深さ10mmのボトムエンドに到達した最低音ラの鍵盤、、、

DSC_0231.JPG
鍵盤から伝達された演奏情報で打弦のために跳ね上がった最低音ラのハンマー


指先の微妙なコントロールによる音色の変化は、ピアノの発音の仕組みからは簡単に説明できない謎です。
私は演奏方法について言及できる立場ではありませんが、調律師としてただひとつ言えることは、、
「音色に変化をつけてコントロール」するには「正確にバランス良く調整された反応が敏感なピアノ」と「弾いた音が奏者にクリアに聴こえる部屋の響き」が不可欠ということです。
それらが整った環境の中でいろいろな奏法でピアノを弾いてみれば、音楽表現は格段に豊かになることでしょう。

「アンプロムプテュ白馬」にはアマチュアからプロの演奏家の方まで様々なお客様が来られますが、すべての皆様に「音色のコントロール」という観点でもご満足いただけるような「ピアノ」と「スタジオ」をご提供できるよう日々努力しております。 白馬村の素晴らしい自然環境の中で豊かな音楽表現の世界に浸っていただければ嬉しく思います。

脱日常 !!! 、、、、皆様のお越しを白馬村でお待ちしております。







posted by ピアニストの隠れ家オーナー at 16:34| Comment(0) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月17日

調律師の仕事を描いた映画「ピアノマニア」

今、ピアノ調律師の仕事に焦点をあてたドキュメンタリー映画「ピアノマニア」が新宿と心斎橋で上映されています。

白馬村在住の私は観に行くことができませんが、とても面白い映画のようですよ。
http://www.piano-mania.com/
ピアノ調律師の仕事は、もちろん先ずはピアノの音階を調整することですが、実際はそれだけではなく多岐にわたります。
一般のご家庭でのピアノ調律、音楽大学でのピアノ調整、、レコーディングのピアノ調整、演奏会でのピアノ調整、、、等々、仕事をする場所・環境・状況・目的は様々です。
仕事の内容も、音律の調整だけではなく、タッチの調整、音色の調整、メカニズム不具合の修理、切れた弦の張り替え、雑音や椅子のノイズ除去、等々、多方面にわたります。

「ピアノマニア」という映画は、ドイツS社の調律師がいろいろなピアニストのためにピアノを準備・調整する過程を記録したドキュメンタリーです。
ピアニストが抽象的な言葉で語る難解な要求を、調律師が技術用語に翻訳してピアノを調整してゆく様子が描かれており、ピアノ調律師の仕事の一面をご理解いただくのに恰好の映画だと思います。
今までピアノ調律師を取り上げたTV番組や書籍等は日本でもたくさんありましたが、映画は初めてかと思います。
たくさんの素晴らしいピアニストの演奏も聴けるようですし、映画自体も様々な賞を受賞した素晴らしい作品とのことです。

私自身がまだ観ていない映画を紹介するのは少し心苦しいのですが、、、、、
東京・大阪にお住まいの皆様、、、是非ご覧ください。
感想をお聞かせいただけると嬉しいです。

「アンプロムプテュ白馬」のお客様からのピアノに対する要求が難解になるのが心配ですが、(笑)







posted by ピアニストの隠れ家オーナー at 15:27| Comment(2) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月15日

ピアノと飲み物と花瓶

「ピアノにとって最適な湿度は50%〜70%」、「加湿器や除湿器で湿度調整を !!」、、等々、今までこのブログで折に触れて「ピアノと湿度の関係」に言及してきました。

過乾燥では、木部が割れたり、接着切れで雑音が生じたり、ネジが緩んだり、調律が大きく狂ったり、ピッチが大幅に低下したり、、
多湿では、音がボケて鳴りが悪くなったり、タッチが重くなったり、鍵盤がもどらなくなったり、連打が弾き難くなったり、音が止まらなくなったり、音が出なくなったり、塗膜が割れたり、弦が錆びたり、、
このように、空気中の湿度変化だけでもいろいろな影響を受けるデリケートなピアノですが、もっと深刻な状況として「ピアノに水をこぼしてしまった!!!!」という悲劇があります。

「グランドピアノの中にコーヒーをこぼしてしまった」、「アップライトピアノの上に置いてあった花瓶を倒してしまった」、等々、事故の実例はたくさんあります。
私の経験では、学校や飲食店に置いてあるピアノで、高音部の弦やチューニングピン(調律の時回転させるピン)周辺にコーヒーやコーラの痕跡がみられるケースが多かったと思います。

グランドピアノの譜面台にワイングラスを置いて、ほろ酔い気分で演奏して、、、手が滑ってピアノの中にワインをこぼしてしまい、弦を打つフェルト製のハンマーがブルゴーニュの高級ワインで真っ赤に染まってしまった、、、
などという悲劇も実在するに違いありません。

では、どんなダメージが発生するのでしょうか、、、、??

簡単に言いますと、液体がかかってしまった部分に前述の多湿時の症状が深刻に発症し、多くの場合、様々なパーツの交換が必要な状況となってしまいます。
また、運悪くハンマーにかかってしまった場合は非常に深刻で、ハンマー交換が必要になってしまうかもしれません。
何れにしても「ちょっとこぼしてしまった、、」で済む話ではなく、修理に多額の費用がかかってしまう深刻な問題となってしまうことがしばしばです。

津波や水害の被害とは異なり、そのピアノに関わる方々のちょっとした注意で防げる問題です。
このブログをご覧の皆様や当館のお客様方には「釈迦に説法」になるかとは思いますが、少しでもアクシデントを減らすために敢えて書かせていただきますと、

・ピアノの上には絶対に飲み物を置かないこと、
・ピアノの上には絶対に水の入った花瓶を置かないこと、、
・ピアノの近くに飲み物や花瓶を置くときは、できるだけピアノから離して、鍵盤の高さより下に置くこと、、、

この3点を守っていただければ悲劇的な事故の発生は防ぐことができるかと思います。

「アンプロムプテュ白馬」ではスタジオ内での飲食はご遠慮いただいております。
ご休憩は、快適なダイニングルームでごゆっくりとお過ごしください。
お飲み物もご用意しております !!




posted by ピアニストの隠れ家オーナー at 16:20| Comment(0) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする