2013年11月13日

ピアノ協奏曲第2楽章、2台ピアノコンサート in 白馬

一昨日、白馬村にも初雪が降りました。紅葉の木々に薄っすら積もった雪、、、美しい雪景色が広がりました。冬タイヤ、除雪機、、、間もなく冬の生活が始まります。

DSC_0792.JPG
当館サロンから眺める昨朝の岩岳方面

DSC_0795.JPG
隣の田んぼも雪化粧

さて、去る10日(日)、当館サロンにて2台ピアノの演奏会「デュオの喜び」が開催されました。
演奏は、東京から来られたピアニスト、杉山とみえさんと 牧田照美さん。今回は、ピアノ協奏曲の名曲から第2楽章ばかりを集めて2台ピアノで演奏されました。

本来は「第1楽章」と「終楽章」があっての「第2楽章」ですが、次々と紡ぎ出される美しい第2楽章の調べに満員の聴衆の皆さんは聴き惚れておられました。シューマン、ショパン、ベートーベン、モーツァルトの第2楽章の旋律の数々が相乗効果となって独特の雰囲気を醸し出し、冷たい雨が降る晩秋の白馬に響き渡りました。
都会のコンサートホールでは味わえない、素敵な日曜日のひと時をお過ごしいただけたかと思います。
白馬で奏でる音楽、、、いつも何か特別な響きを感じます。
ご来場いただきました皆様、どうもありがとうございました。




posted by ピアニストの隠れ家オーナー at 17:20| Comment(0) | 施設のご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月01日

2台ピアノのコンサート「ピアノデュオの魅力 in 白馬」

去る7月28日の日曜日、「アンプロムプテュ白馬」サロンで2台のピアノのコンサート「ピアノデュオの魅力 in 白馬」が開催されました。演奏は大阪在住のピアニスト 蜂谷葉子さん と 大岡真紀子さん。。

DSC_0195.JPG

バイオリンで有名なエルガーの「愛の挨拶」、そして「のだめ」で皆さんご存知の2台ピアノの定番「モーツァルトのソナタkv448」、そして1台4手の連弾の定番「ブラームス ハンガリー舞曲集1〜6」、ラフマニノフのパガニーニの主題による狂詩曲作品43から有名な第18変奏曲。後半はサンサーンスのお馴染みの「白鳥」、プーランクのシテール島への船出、とフランスものが続き、最後はラヴェルの「ラ・ヴァルス」。。。。そしてアンコールでアイルランド民謡「ロンドンデリーの歌」。

窓の外には白馬の緑の景色が広がり、鳥のさえずり、セミの鳴き声も聞こえる夏の一日。。
お二人が奏でる2台のピアノから紡ぎ出される色彩・表情豊かな音楽が、白馬の空気に溶け込んで、幸せな日曜日のひと時が流れてゆきました。2台ピアノの魅力をたっぷりと満喫していただけたコンサートだったと思います。ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。
「サロンでのピアノデュオ、、、」当館ならではの演奏会です。 また是非聴きにいらしてください。

DSC_0190.JPG
ピアノの背後には白馬の緑が輝いていました!






posted by ピアニストの隠れ家オーナー at 16:22| Comment(0) | 施設のご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月22日

春の白馬、山下泰夫さんのコンサート 

桜の花が散った先週末、白馬村各地で田植えが行われました。澄んだ水面にみずみずしい苗が整然と並んでいます。田植え直後の田圃はとても美しいですね。 夜はカエルの大合唱が繰り広げられています。

DSC_0022.JPG
「瑞穂の桜」は終焉を迎え、美しい水田の景色に変わりました

去る5月19日(日)「アンプロムプテュ白馬」のサロンで、大阪芸術大学で講師を務められているピアニスト山下泰夫さんのコンサートが開催されました。タイトルは「5月の白馬 風薫るコンサート」。山下さんが選曲された「春の白馬にピッタリのピアノの名曲の数々」が当館サロンに美しく響き渡りました。
2回公演満席のお客様方が、山下さんが奏でる、優しく、軽やかな、そして重厚な荘厳な響きを満喫され、そして、軽妙な興味深いトークも楽しまれながら、白馬の春の素敵な日曜日のひと時を過ごされました。ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。

DSC_0021.JPG

当館の名前「アンプロムプテュ」は、白馬の雰囲気にピッタリだと思ったシューベルトの即興曲(アンプロムプテュ)Opus90-3から名付けたのですが、メンデルスゾーン、ベートーベン・ショパン、、、etc. 四季折々、白馬の景色の中で心地よく響く名曲がたくさんあることを改めて感じることができた演奏会でした。

次回の演奏会は6月30日(日)コントラバス奏者 佐藤洋嗣さんのリサイタルが予定されています。詳細は後日ご案内させていただきます。乞うご期待!!!!!



posted by ピアニストの隠れ家オーナー at 09:46| Comment(0) | 施設のご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする