2015年11月18日

「デュオの喜び vol.4」杉山とみえ 牧田照美、ピアノ連弾コンサートのご案内

少しづつ冬の気配が感じられる白馬村です。オーナー山口の健康状態も回復し、11月19日には退院予定です。
先週末には、当館サロンにて、蜂谷葉子・大岡真紀子2台ピアノデュオコンサートが開催され、2回公演・60名の満員のお客様にご来場いただき大盛況に終わりました。ラフマニノフやガーシュインの名曲の素晴らしい演奏を堪能されました。ご来場いただきました皆様、どうもありがとうございました。

さて、今日は来たる12月6日に当館サロンにて開催される演奏会「デュオの喜び vol. 4」のご案内をさせていただきます。

演奏は、東京在住のピアニスト、東京音大講師の杉山とみえさんと 武蔵野音大で長年講師をつとめられた牧田照美さんです。お二人は白馬で4回目のデュオ演奏で、今まで、「ピアノ協奏曲の第2楽章」ばかりを集めたプログラムや「ブラームスの2台ピアノのソナタ」等、素晴らしい演奏を披露されてきました。今回は、「日本のなつかしいうた」をメインにピアノ連弾で演奏されます。(1台4手)
詳細は、以下をご覧ください。

自然災害やテロなど、暗いニュースが多い昨今ですが、お二人が奏でる皆様ご存知の「日本のなつかしいうた」のピアノ演奏を聴きながら、ゆったりとした初冬の白馬の日曜日をすごされてはいかがでしょうか。11時14時の2回公演、各回30名様限定です。
ご予約はお気軽に、お電話でお問合せください。お待ちしております。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「デュオの喜び vol. 4 」
12月6日(日)11時 14時 2回公演 各回30名様限定
・会場 ピアニストの隠れ家 アンプロムプテュ白馬 サロン (白馬村瑞穂)
・演奏 杉山とみえ 牧田照美
・入場料 大人1000円 小中学生500円
・プログラム 
♪モーツァルト ピアノソナタニ長調 K.381、
♪中田喜直 日本の四季より(4手連弾のための組曲)1、春が来て桜が咲いて 4、さわやかな夏と蒸し暑い夏と 5、初秋から秋へ 6、冬が来て雪が降りはじめ、氷の世界に、やがて春の日差しが
♪日本のうた   ・浜辺のうた ・赤とんぼ ・朧月夜 ・待ちぼうけ ・さくらさくら ・茶摘み ・早春賦 ・宵待草

・チケット お電話にてお早めにご予約ください。 0261-85-4760 080-3663-3690(山口)

演奏者経歴
・杉山とみえ
桐朋学園大学音楽学部ピアノ科卒業。ドイツ国立フランクフルト音楽大学ピアノソロ科卒業。帰国後、横浜でリサイタルを開催。横浜交響楽団定期演奏会に、ソリストとして度々出演。バッハアカデミージャパンの伴奏者ほか、室内楽演奏会等にも数多く出演。1982年から2013年まで、東京で「ドイツの森」「コンツェルト・マイン」を開催し、ソロ、デュオで演奏を続ける。ピアノを現在までヨアヒム・フォルクマン教授に師事。現在、東京音楽大学ピアノ科講師。

・牧田照美
都立駒場高校音楽科を経て、東京藝術大学ピアノ科卒業。その間、坂井玲子、松野景一の各氏に師事。在学中安宅賞受賞。大学卒業後、ドイツ・エッセンフォルクヴァング国立音楽大学に留学。同校卒業後、東京にてリサイタルを開催。クラウス・ヘルヴィッヒ、ペーター・ショイモッシュの各氏に師事。その後室内楽等などの演奏会に多々出演し活躍。30数年にわたり武蔵野音楽大学にて講師を務めた。現在も後進の指導にあたっている。

皆様のご来場をお待ちしております。
アンプロムプテュ白馬オーナー
山口郁夫
posted by ピアニストの隠れ家オーナー at 15:19| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。